団体旅行見積り比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

社員旅行を盛り上げるしおりの作り方をご紹介

最新情報・レポート

社員旅行を盛り上げるしおりの作り方をご紹介

社員旅行を盛り上げるしおりの作り方をご紹介

 

社員旅行といえば、会社の人と交流を深めるためなどに行う旅行のことですが、そのときにあると便利なのがしおりです。しおりは目的地の情報や旅行の日程などを記してあるもので、次の行き先や行動を参加している人に知らせることもできます。


社員旅行の幹事に選ばれると、このしおり作りも仕事の1つです。どういったことを載せて、どのような構成にすれば、見やすいかを考えて作らなければいけないため、制作に時間が掛かってしまう人も多いのではないでしょうか。今回はそんなしおりの作り方や入れるべき項目、制作時間の短縮方法などをご紹介していきます。





社員旅行にしおりは必要?

そもそも社員旅行にしおりは必要なのでしょうか?国内の社員旅行であれば、1泊2日が一般的で、その日程はそこまで複雑になることはありません。そのためしおりはいらないと考える方もいるようです。


しかし、しおりなしで社員旅行を行うと、集合時間がわからない方や、次の場所で何をするか知らない人などから、さまざまな質問を幹事が受けることになってしまい、幹事を務める方が疲れてしまいます。また参加者が集合時間を知らないために集合が遅れてしまい、スケジュールが押されてしまうことで、計画通り進まないおそれもあります。


そこでしおりを参加者に配っておくことと、集合時間を忘れてしまった場合でもしおりを見ることで確認でき、社員旅行をスケジュール通り進めることができることでしょう。幹事の負担を減らすためにもしおりを配っておくことは重要です。しおりを事前に配っておくときは、当日忘れてしまうこともあるため、余分に持っていくことも大切です。



しおりに入れるべき項目

しおりに入れるべき項目

 

しおりを作成するにあたって、何の項目を作るか迷ってしまう方もいます。ここではしおりに入れておくべき項目についてご紹介していきます。


・表紙

しおりの顔ともいえる表紙は重要です。社名や日にちを入れておくだけではなく、モチーフのイラストなどを入れ、表紙を見ただけでどこに行くのかわかるようにすると、参加者が行き先をすぐにわかるようにできます。また社名ではなく、旅行時のみの社名をもじった名前を作ってみるのもユニークなアイデアです。


・旅行の日程

しおりに必ず入れるべき項目のひとつで、旅行中も確認することが予想される項目です。そのため行き先や集合時間などを細かく書いておくことで、当日もしおりとして機能します。載せておくべき内容は、行き先や集合時間、移動にかかる時間などです。この移動時間の横に何かレクリエーションを計画している場合は、その内容についても軽く書いておくと参加者が当日しっかりとレクリエーションに参加してくれることでしょう。


・持ち物リスト

参加者によって持ち物は異なりますが、全体で持っていくと良いものを書き出しておきます。行き先のホテルに浴衣や石けんなどが置いてあるかも書いておくと、参加者はそれによって持ち物を決めることもできるので書いておきましょう。また旅行時の貴重品の取り扱い方や、荷物の扱い方などについても注意書きがあると、後のトラブルを未然に防ぐことができます。


・観光先の情報と緊急連絡先

社員旅行の行き先には観光地があることが多いので、観光地の情報も載せておきましょう。事前にしおりを配る場合は、参加者がその情報からどこに行くか旅行前に考えることができます。また当日も時間が余ってしまった参加者が、行き場所を探すときに役に立つことでしょう。


しおりの最後のページには、必ず緊急連絡先を記しておきましょう。社員旅行が始まると幹事の目が届かない場所で、トラブルが起こってしまうことがあります。そのようなときに参加者がどうすればいいか相談できる連絡先を載せておきましょう。そうすることでトラブルの発生をすぐに知ることができ、早急に解決することでできます。



見やすいしおりを作るには?

しおりに載せるべき項目を決めた後は、さっそくしおり制作に取り掛かります。参加者が見やすいように作成するにはいくつかコツがあります。


・1ページに複数の項目を作らない

1ページにさまざまな項目を入れてしまうと見にくくなってしまいます。また情報が入りすぎてしまうことで、参加者が読むことに疲れてしまい、せっかく作ったしおりが読まれなくなるおそれもあります。そのため1ページごとに項目をまとめましょう。


・字は抑揚をつけて長文を少なくする

同じ大きさの文字がずっと続くとどこが大切で、どこを重点的に読むべきかわからなくなってしまいます。そのため見出しは大きい文字にして、中の文章は小さめの字にすると参加者が読みやすくなります。また活字を読むことが苦手な参加者もいることがあるので、なるべく長文にならないように気をつけましょう。もし長文になってしまう場合は、重要な部分を太文字にするなどの工夫を行い、内容がわかりやすくなるようにしましょう。


・写真やイラストを入れる

文字だけのしおりは読むだけになってしまい、退屈な印象を与えてしまうことがあります。そのため写真やイラストなどを入れ込み、退屈しないしおりを作成しましょう。写真やイラストを入れるときに注意したいのが、入れる枚数が多いと逆に見にくくなってしまうことです。そのため文字とのバランスにも注意が必要です。



時間をかけずにつくるためには?

時間をかけずにつくるためには?

 

日頃の仕事と並行して社員旅行の準備をするのは、なかなか難しいものです。特にしおり制作は時間が掛かってしまう場合が多いです。そのためこの章では、少しでも時短出来る制作方法をご紹介します。


・しおりのテンプレートを使用する

社員旅行は多くの企業が行う行事で、行われた数だけしおりも作られています。そのためインターネットには、しおりのテンプレートがたくさんあります。このテンプレートを使うことで、しおりのレイアウトなどを考える時間が無くなり、制作時間を短縮することができます。またはめ込んでいくだけなので、資料を用意するだけで制作できることも時間短縮になります。


・しおりの参考サイトを利用する

最初から自分でしおりの制作をしようとすると、時間が掛かってしまいます。そのためインターネットに載っているしおりを参考に制作することで、自分で考えて制作するよりも時間が短縮できるとともに、さまざまなアイデアを織り交ぜることで、良いしおりを制作することができます。



まとめ

いかがでしたでしょうか?社員旅行の幹事になり、どのような旅行にすればよいか悩んでいる方もいることでしょう。その場合は、まずどこに行くか参加者にアンケートを取り、日程を決めてからしおり制作をして、参加者にどこへ行くか公表しましょう。


しおりは、その出来で社員旅行が計画通り進むか決まると言っていいほど重要なものです。そのため参加者がわかりやすいように制作し、当日に次の行き先や行動を参加者全員が把握できるようなしおりを作りましょう。



  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


国内旅行はこちら

国内旅行はこちら

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-304

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

国内旅行はこちら

海外旅行はこちら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

団体旅行見積り比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。