団体旅行見積り比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

その社員旅行は経費扱いになる?

最新情報・レポート

その社員旅行は経費扱いになる?

従業員同士の交流を深めたり、社員たちのモチベーションを向上させたりと、社員旅行には多くのメリット期待できます。 しかし当然ですが、社員旅行にはお金がかかります。そこで気になるのが「その費用は福利厚生費として計上できるのか」という点ではないでしょうか。もしも福利厚生費として認められない場合には、交際費や給料として処理されてしまい、課税の対象になってしまいます。今後社員旅行を計画しているのでしたら、福利厚生費になる条件を満たすようにすると良いでしょう。
実は、その条件については国税庁が明確にしており、以下のようになっています。

・旅行の期間が4泊5日以内であること(海外旅行の場合、外国での滞在日数が4泊5日以内)
・旅行に参加した人数が全体の人数の50%以上であること(工場や支店ごとに行う場合、それぞれの職場ごとの50%以上が参加することが必要)

しかし、以上の要件を満たしていても課税の対象になってしまう事はあります。
例えば、一人当たり10万円以上もするような豪勢な社員旅行の場合、少額不追求の趣旨を逸脱するということで課税されてしまう事があります。また、役員だけが参加する社員旅行や、接待のために行われる旅行も課税対象となってしまいます。上記の二つの要件を満たしていても例外は発生しますので、必要であれば旅行会社の方と相談して経費扱いになるように旅行プランを考えてみるのも良いでしょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


国内旅行はこちら

国内旅行はこちら

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-304

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

国内旅行はこちら

海外旅行はこちら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

団体旅行見積り比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。