団体旅行見積り比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

社員旅行を成功に導くための考え方やプラン・かかる費用について解説

最新情報・レポート

社員旅行を成功に導くための考え方やプラン・かかる費用について解説

社員旅行を成功に導くための考え方やプラン・かかる費用について解説

社員旅行と聞いて抱く印象は人によってさまざまです。なかにはあまりよい印象を持っていない人もいるかもしれません。しかし、目的や行先をしっかりと計画してプランを組めば、社員が参加したいと思う旅行にすることもできるはずです。

 

本コラムでは、近年社員旅行の人気が低下している原因やそれを向上させるための社員旅行のプランの立て方、費用などについて解説します。会社にとっても社員にとってもプラスになる旅行にするために、ぜひ参考にしてください。

 

近年の社員旅行の印象と人気の低下傾向について

近年は社員旅行に対してあまりよくない印象を持っている人が多く、人気が低下傾向にあります。では、なぜ社員旅行にいきたくないという人が増えたのでしょうか。楽しい旅行を計画するために、まずはいきたくないと思わせる原因を知りましょう。

 

社員旅行をすることのねらい

社員旅行をおこなうことによる会社側のねらいはおもに3つです。どのような効果を期待しているのでしょうか。

 

・社員同士のコミュニケーション
社員旅行では、普段の仕事で関わりの少ないような人とコミュニケーションをとる機会があるでしょう。そういった関わりによって、社内での人間関係が広がる可能性がありますし、他部署の仕事について知ることができる場にもなります。

 

・チームワークをよくする
普段会社では見られないような意外な一面を見て、社員同士の距離が縮まったり社員の特徴を発見したりできます。また、団体行動をする場面も多いので、それぞれがよりよい時間にするためにはどうしたらよいか考えて行動することで、一体感が生まれることも期待できるでしょう。

 

・リフレッシュ
単純にたまにはゆっくりしてほしいという思いもあるでしょう。社員旅行のような団体だからこそ楽しめるものもあるので、そういった経験をして非日常を楽しむことができれば理想的です。

 

社員旅行の人気が低下している原因とは?

社員旅行は、仕事のパフォーマンス向上を目的としている面もありますが、リフレッシュのように社員への労いの意味も含んでいます。しかし、近年社員旅行を実施している企業は少なくなっているのです。社員旅行にいきたくない理由は人によってさまざまですが、おもに挙げられるのは以下の4つです。

 
  • ・気をつかう
  • ・家族との時間が減ってしまう
  • ・自由に過ごせる時間が少ない
  • ・旅行中に事故やトラブルに巻き込まれるかもしれないから不安
 

上記のような不人気の原因をすべて取り除くのは難しいかもしれません。しかし、不安要素を減らして楽しい旅行を計画することはできるでしょう。どういった計画を立てるべきか考えてみましょう。

 

おすすめ|参加したいと思わせる社員旅行のつくり方

社員旅行にかかる費用とそれを簡単に比較する方法

参加したいと思わせるような社員旅行を計画するためには、5つのポイントがあります。それぞれ何が大切なのか考えてみましょう。

 

1.社員旅行の目的を決めてから目的地を決める

まずは社員旅行のテーマを決めましょう。目的がはっきりしていないと、行き先の候補をしぼることも難しいですし、いきたくないと思っている人には「何しにいくのだろう」という印象を与えてしまいます。大まかなテーマを決めてから、それに合わせて行き先を考えるようにしましょう。

 

2.費用面・日程・プランなどを明確に提示する

次に費用面や日程、プランなどを決めましょう。だたし、細かく決めてすぎてしまうと自由度の低い旅行になってしまいます。適度に自由時間を設けて、個人の時間をつくれる工程にするとよいでしょう。

 

また、企業によっては家族での参加を認めている場合もあります。そういった案がある場合は、この時点で提示しておくことをおすすめします。

 

3.参加者の意見を取り入れる

企画者がすべての工程を決めてしまうと、内容に偏りが出る可能性が高いでしょう。何でもかんでも自由にすることはできませんが、ある程度参加者の意見を取り入れることをおすすめします。

 

たとえば、行き先についてのアンケートを実施したり参加してみたい体験などを聞いたりして、社員それぞれに旅行に参加する意味を見つけてもらいましょう。

 

また、トラブルなどに巻き込まれるかもしれないと不安に思っている方には、確認できる場合はどのようなことが不安なのかを確かめてみましょう。旅行の内容次第で取り除ける不安があるかもしれません。

 

4.バックアップをおこなう

社員旅行を会社の休日に実施する場合は、休日を削ってまで行かなければならないのかと不満を持つ社員もいるでしょう。そのため、出勤扱いにして手当てを出すなどの会社からのバックアップが必要です。

 

また、幹事となる社員がとりまとめをおこなうことになりますが、企画から宿などの手配などをすべて一人でおこなうのはとても大変です。幹事ひとりに負担がかかりすぎないよう配慮して企画を進めましょう。

 

5.スムーズに旅行ができるよう手配や連絡を事前に!

社員旅行の直前になってもスケジュールがはっきりしなかったり、宿や食事の手配がきちんとできていなかったりすると不安が大きくなり旅行を楽しむことができません。

 

早めに参加人数を確定し、宿や食事の手配、当日のスケジュールなどの調整をしておきましょう。そして、旅行の1週間ほど前にはしおりを配布するなどして、参加者に当日を楽しみにしてもらう工夫をすることもおすすめです。

 

しっかりと計画を練ったら、あとは費用を確認するだけです。一般的にどのくらいの費用がかかるものなのか、相場を確認してみましょう。

 

社員旅行にかかる費用とそれを簡単に比較する方法

おすすめ|参加したいと思わせる社員旅行のつくり方

社員旅行の費用を考えるうえで大切なことは、単純な旅費だけではありません。費用を負担するのが誰かということや、会社で負担できる金額の限度を知る必要があります。

 

複数の業者に見積りを依頼して費用を比較検討することもできるので、以下を参考に慎重にプランを決めましょう。

 

社員旅行費は誰が出す?

社員旅行の費用を誰が負担するかは、会社が任意で決められることになっています。しかし、社員旅行に自体の人気が下がっていることもあり、基本的には福利厚生のひとつとして会社が負担するケースが多いです。

 

福利厚生費として計上できない社員旅行とは

社員旅行とは、社員の慰安旅行や仕事のために視察である必要があるとされています。そのため、福利厚生として社員旅行へいくためには、3つの条件があるのです。どのような内容でなければならないのかご紹介しましょう。

 

・必要以上の贅沢をしないこと
社員旅行の費用として認められているのは、あくまでも目安ですが社員一人につき100,000円以内です。行き先が海外なために少し高くなる程度であれば認められることもありますが、一人200,000円を超える費用はほとんど認められません。

 

・4泊5日以内であること
行き先が国内でも海外でも、旅行期間は4泊5日以内である必要があります。海外へいく場合は移動が長くなるため、期間を長くしてほしいと思うかもしれません。しかし、慰安や視察を目的とした旅行という名目があるので、あまり長期の滞在は認められないのです。

 

ただし、飛行機での移動が必要な場合に考えられる機内泊は、4泊5日のなかに含まれません。現地に到着してから4泊5日と考えて計画をたてましょう。

 

・社員の50%以上が参加すること
福利厚生は社員に平等に与えられる権利です。そのため、社員の半数以上が参加するものでなくてはなりません。参加者が半数に満たない場合や役員のみでの旅行、成績優秀者へのご褒美などは社員旅行にならないので、覚えておきましょう。

 

社員旅行の費用相場について

社員旅行をおこなうかどうかというのは、義務ではなく経営者の判断によって決まります。そして、行き先や期間についても、前述したような条件はありますがとくに定められてはいないため、費用相場が決まっていません。福利厚生として社員旅行を実施する場合はご紹介した条件を満たすような企画を考えましょう。

 

それ以上の費用がかかる場合は社員の個人負担になります。個人負担があってもよいという意見が多ければ、贅沢な旅行にすることができるかもしれません。社員同士でよく相談して決めることをおすすめします。

 

相見積りを取って費用を比較してみよう

少しでもお得に社員旅行にいきたいという場合は、弊社のサービスを利用して、見積りの比較をおこないましょう。

 

仕事のスケジュールなどを確認して日程調整することは社内の人にしかできませんが、宿や交通機関のチケットの手配などは、旅行会社の力が必要でしょう。

 

弊社では、依頼者の連絡先などと旅行の参加人数や希望の地域や日程などを入力していただくだけで複数の旅行会社から見積りが提示されます。難しい操作はありませんので、ぜひご利用ください。

 

まとめ

社員旅行は、近年いきたくないという人が増えて人気が低下傾向にあります。しかし、それは職場の人との旅行は楽しくないのではないかという印象からくるものでしょう。つまり、社員旅行に対するマイナスイメージを軽減し、参加したいと思うようなものを企画すればよいのです。

 

ただし、幹事がひとりで考えていたのでは多くの人が楽しめる旅行にするのは難しいでしょう。社員旅行のテーマを決めたうえで、社員への旅行先に関するアンケートを実施するなどして参加者の意見を取り入れた自由度の高い旅行を計画しましょう。

 

また、福利厚生として社員旅行を実施する場合は、満たさなければならない条件があります。楽しみばかりを優先して贅沢旅行になってしまわないようにしっかりと計画をたてましょう。

 

旅行会社に依頼する費用については、弊社にお任せください。少しでもお得に社員旅行にいけるように、相見積りが簡単にできるサービスをおこなっております。一度の情報入力で一括見積りが可能なので、何度も旅行会社に連絡する必要はありません。

 

ご利用方法などに不明点があれば、ご相談は24時間365日無料で受け付けていますので、いつでもお電話ください。

 
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


国内旅行はこちら

国内旅行はこちら

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-304

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

国内旅行はこちら

海外旅行はこちら

団体旅行見積り比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ